企業年金事業

グローバルハートは17年前に企業年金制度の改革を行う企業として設立されました。少子高齢化が急激に進むわが国では医療と年金制度の改革は喫緊の課題として存在しています。国や企業には頼れない時代、老後の資金は自分でつくるという確定拠出型年金制度が益々重要となってきています。グローバルハートは創業より培ってきたノウハウと実績を基に、日本の私的年金制度改革に益々貢献して参ります。

厚生年金基金総合型:解散脱退企業へのコンサルティング

厚生年金基金を解散・脱退した場合

厚生年金基金を解散、又は脱退した場合、企業と社員は大変複雑な手続きを行います。
グローバルハートでは確定給付企業年金及び確定拠出年金の移換業務を長年にわたり行っており、全国の登録アドバイザー約300名が企業の実務をフォローしています。

<厚生年金基金の脱退・解散に関するサービス内容>
 厚生年金基金を解散又は脱退後の企業の作業内容と手続を解説
 従業員への説明、相談業務
 同意書の入手フォロー
 Q&A集を作成
 基金及び事務幹事金融機関との折衝
 資産移換先としての確定給付及び確定拠出企業年金の制度設計

1.基金解散・脱退時の対応
①基金・事務幹事金融機関との折衝
②従業員対応資料の作成
③解散脱退のタイムスケジュールと手続支援
 労使合意書の入手
 説明資料の作成(Q&A集、質問対応)
④従業員対応 相談センターの設置

2.基金解散、脱退後の退職給付制度の見直しと再構築
①就業規則、退職金規程の見直し
②現状の退職給付制度の分析対応
③解散・脱退時の積立不足金についての対応
④解散・脱退後の退職給付制度設計
⑤加算部分移換についての支援
 一時金選択
 企業年金連合会への移換
 確定給付企業年金への移換
 確定拠出年金への移換

まずはお問い合わせ下さい!

退職金制度設計・移行コンサルティング

企業年金制度移行について

企業年金制度の移行については

  1. 積立不足の処置
  2. 既得権の確保
  3. コストの比較
  4. 労使合意

について十分検討を重ねすすめなければなりません。「不利益変更は無効」という労働法上の大原則に基づいて上記の様に制度の移行は様々な問題をクリアしなければならず、グローバルハートでは長年の実績と経験からコンサル致します。

報酬戦略としての退職給付制度

雇用形態が多様化し、人材が流動化している現在、企業の報酬戦略は経営の大きな戦略となっています。上記のように様々な報酬戦略をご提案いたします。