健康増進DCプラン

グローバルハートが開発した「健康増進確定拠出年金プラン」とは、2016年7月22日付けの日経産業新聞にも掲載された、加入者が健康になると掛け金が増える確定拠出年金(DC)です。

健康関連データは一定の測定方法により身体年齢として計算することができますが、身体年齢が実年齢よりも若かった場合に、その年齢差をポイントとして、会社側が決めたポイント当たりの掛け金を加算するという仕組みです。厚生年金など他の企業年金を併用している場合は、上限範囲の2万7500円以内で加算額を決定します。

この制度を導入することにより、従業員である加入者自身が健康増進のモチベーションを高めるとともに、企業が支払った加算額は、税制上の損金として処理することができる、というメリットがあります。